宮城のニュース

狩猟の生活を克明に紹介 映像作家兼猟師・井上亜美さんの映像展

上映される井上さんの映像作品

 宮城県丸森町出身の映像作家兼猟師の井上亜美さん(26)=京都市在住=の映像作品を集めた「猟師の生活−井上亜美展」が、多賀城市立図書館で開かれている。25日まで、入場無料。
 「猟師の生活」など5分前後の4作品を上映し、狩猟、解体、調理などの様子を紹介している。原発事故によって狩猟をやめた祖父の姿も追い、人間と動物の関係を問い掛けている。
 狩猟で使う服装や使用済み銃弾の展示のほか、狩猟で捕った鹿の毛皮に触れることができる。
 23日午後4時からは、井上さんが来館。併設のレストランで狩猟肉を使ったカレーを作るジビエ料理体験がある。中学生以上900円、小学生500円。定員30人。
 24日午後2時から、井上さんと東北歴史博物館の学芸員によるトークイベント「猟師の生活〜動物たちと共に生きるには」がある。連絡先は市立図書館022(368)6226。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年09月18日月曜日


先頭に戻る