岩手のニュース

「夫源病」夫婦で考えよう24日、盛岡で講演会

 夫の言動が原因で妻が体調を崩す「夫源病」を考える講演会(岩手県保険医協会主催)が24日、盛岡市のホテルニューカリーナである。夫源病の命名者で大阪大人間科学研究科未来共創センター招聘(しょうへい)教授の石蔵文信医師が、夫婦関係を良好に保つこつなどを紹介する。
 保険医協会は「夫源病の症状に苦しむ女性は40〜60代に多いが、若い女性もかかるリスクがある。夫婦で一緒に聞いてもらいたい」と参加を呼び掛ける。
 専門の循環器内科に加えて心療内科も手掛ける石蔵氏は大阪市内に2001年、全国に先駆けて男性更年期外来を開設。中高年のメンタルケアやうつ病治療に取り組んでいる。
 入場無料。聴講は事前の申し込みが必要。定員(180人)に達し次第、締め切る。連絡先は県保険医協会019(651)7341。


関連ページ: 岩手 社会

2017年09月17日日曜日


先頭に戻る