秋田のニュース

こまちで車両基地見学 JR秋田が来月、特別列車

 JR東日本秋田支社は10月14日、秋田市の車両基地「秋田車両センター」の公開イベント「あきた鉄道ふれあいフェスタ」に合わせ、秋田駅−会場間で特別列車を運行する。
 秋田新幹線「こまち」の車両を使う。普段は乗客を乗せない約2キロを7分で走り、車両基地を約2時間見学して秋田駅に戻る。秋田駅午前9時14分発のAコース(定員220人)と同11時41分発のBコース(同300人)がある。
 参加無料。事前申し込みが必要で、はがきに4人までの住所、氏名、年齢、電話番号と希望コースを書き、〒010−0001秋田市中通4の5の6、ジェイアール東日本企画秋田支店こまち体験乗車係へ。中学生以下は保護者の同伴が必要。締め切りは24日(当日消印有効)。連絡先は018(831)0962。
 フェスタは午前9時半〜午後3時。会場に駐車場はなく、秋田駅−会場間で無料シャトルバスを運行する。


関連ページ: 秋田 社会

2017年09月17日日曜日


先頭に戻る