宮城のニュース

<マイナビ>決定力欠く 12本のシュート放つも無得点

 第15節最終日は17日、石巻市総合運動公園フットボール場などで2試合が行われ、マイナビベガルタ仙台レディースはちふれAS埼玉に0−1で敗れた。通算成績6勝3分け6敗の勝ち点21となり、順位は4位で変わらない。
 首位日テレは千葉を1−0で下し、勝ち点38に伸ばした。

◎前半先制点許す

ちふれAS埼玉(11)1 1−0 0マイナビ仙台(21)
             0−0
▽得点者【ち】鈴木
▽観衆 626人

 仙台は決定力を欠き、0−1で敗れた。立ち上がりから相手陣営に攻め込んだが、前半34分、ちふれの鈴木に先制点を許した。浜田の5本を含め、相手より4本多い12本のシュートを放ったが、要所で粘り強い守備に抑えられて無得点に終わった。

<申し訳ない気持ち/仙台・越後和男監督の話>
 合宿などでお世話になっている石巻の皆さんに勝って恩返しがしたかったが、思うようにならず申し訳ない気持ち。残り試合は勝ちを意識し、今後につながるゲームをしていく。


2017年09月18日月曜日


先頭に戻る