宮城のニュース

地域包括ケア 取り組み紹介 東松島で24日フォーラム

 地域包括ケアに関する住民向けのフォーラムが24日、宮城県東松島市コミュニティセンターで開かれる。石巻地域での在宅医療や介護の取り組みを紹介。高齢で病気や障害があっても、住み慣れた地で安心して暮らせる社会づくりを考える。
 市と石巻地区在宅ケア連絡会、県東部保健福祉事務所の主催。「東松島市医療福祉サービス復興再生ビジョン」策定に携わった東北文化学園大大学院の加藤由美教授が講演する。
 連絡会のメンバーらが寸劇を披露し、がんや認知症になった夫婦を取り巻く在宅医療の様子を伝える。パネル討論もあり、介護支援専門員や内科医、理学療法士らが各立場から地域包括ケアの課題を語る。
 会場では健康や薬、介護に関する相談コーナーを設ける。介護福祉用品の展示や介護ロボットが体験できるコーナーもある。
 入場無料。フォーラムは午後1〜4時。相談や展示、体験は午前11時〜午後4時半。連絡先は県東部保健福祉事務所成人・高齢班0225(95)1419。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月19日火曜日


先頭に戻る