宮城のニュース

彼岸告げる「天上の花」 柴田・マンジュシャゲ見頃

マンジュシャゲの真っ赤な花が咲きそろう船岡城址公園

 柴田町の船岡城址公園で、深紅の花を咲かせるマンジュシャゲの観賞を楽しむ「しばた曼珠沙華まつり」(実行委員会主催)が開かれている。
 マンジュシャゲはヒガンバナの別名で「天上の花」の意味を持つ。今年は昨年より2万本多い約17万本が咲き並ぶ。富士山の形に植えた「赤富士」を眺めることもできる。
 岩沼市の中嶋浩子さん(73)は「マンジュシャゲの赤い花を見ると、そろそろ彼岸だなと気付かされる」と話した。
 まつりは30日まで。24日午前10時からはコンサートが開催される。連絡先は町商工観光課0224(55)2123。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年09月20日水曜日


先頭に戻る