宮城のニュース

学校所蔵のお宝書画や彫刻45点 大崎で展示会

市内15校が所蔵する絵画などを集めた作品展

 大崎市内の15校にある絵画や書を集めた「学校所蔵作品展」(市教委主催)が、同市古川の市民ギャラリー「緒絶(おだえ)の館」で開かれている。24日まで。
 市民が触れる機会の少ない学校所蔵作品を鑑賞してもらうのが狙い。今回は岩出山、鳴子温泉、田尻の3地区の学校にある書画など45点を集めた。
 地元作家の作品が多く、林信三氏の油彩「野仏三つある」(池月小)、平塚アヤ子氏の塑像「青年」(同)、大沼苔舟氏の書「夢」(鳴子小)などが目を引く。
 閉校になった鬼首、川渡両中、本年度で1校に統合される岩出山地区の五つの小学校の校歌の額装も展示している。
 午前10時〜午後5時。入場無料。連絡先は同ギャラリー0229(21)1466。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年09月20日水曜日


先頭に戻る