秋田のニュース

<浜のそば>活気呼ぼう 男鹿・浜間口に拠点オープン「深い味わい」

開店セレモニーで振る舞われたそばを味わう親子

 そばを使った地域おこしに取り組む秋田県男鹿市男鹿中の浜間口地区で、新たな拠点となるそば店「浜のそば」が16日、オープンした。栽培したソバを手打ちそばにして提供するほか、地区の農産物販売や観光情報発信に活用する。
 セレモニーには約100人が集まり、振る舞われたそばの風味を楽しんだ。家族と訪れた秋田市雄和の自営業相馬大作さん(41)は「深い味わいだった」と満足そうに話した。
 使用するソバは、住民らでつくる「おが東海岸推進協議会」が2015年から休耕田で育てている。店舗は、同協議会が手打ちそばを提供しようと古民家を借りて改装した。
 協議会代表の加藤真一さん(66)は「地元の熱意で見込みより1年早く開店できた。そばは山のイメージなので『浜のそば』はインパクトがある。ここを足掛かりに人を呼び込みたい」と話した。
 営業は土日、祝日限定。12月〜翌年3月末は予約があれば土日と祝日に開店する。営業時間は午前11時〜午後2時。連絡先は加藤さん090(3687)8104。


関連ページ: 秋田 社会

2017年09月19日火曜日


先頭に戻る