宮城のニュース

<七十七銀>ビジネス振興財団がセミナー開催 オープンソース「中小にも利点」

 七十七ビジネス振興財団は8日、仙台市青葉区の七十七銀行本店でセミナーを開いた。電気・電子機器製造のヤグチ電子工業(石巻市)の佐藤雅俊専務が、設計情報を無償公開する「オープンソース」活用をテーマに講演した。
 同社は東日本大震災後、安価な線量計を独自開発し、プログラム情報や回路図を開示した。佐藤専務は「会員制交流サイト(SNS)上で大学の研究者らと情報が共有され、優れた技術提案を得られた。社外の技術やノウハウを取り入れ、迅速な開発につながった」と強調した。
 中小企業の利点にも触れ、「設計開発から販売まで全て学べるのが魅力。活気ある人材がいれば、さらに進化できる」と訴えた。
 講演には県内の企業関係者ら約35人が参加した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年09月21日木曜日


先頭に戻る