宮城のニュース

仙台の保育所ノロ集団感染 宮城県内で今季初

 仙台市は19日、若林区の私立保育所で、ノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎の集団感染があったと発表した。9月からの今シーズンで感染性胃腸炎の集団感染は県内初。
 市によると、1日から19日にかけて園児20人と職員1人が下痢や嘔吐(おうと)の症状を訴えた。重症者はいない。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月20日水曜日


先頭に戻る