宮城のニュース

<楽天>投打に圧倒、約2カ月ぶりの3連勝

●東北楽天―日本ハム 完封勝利で10勝目を挙げてチームメートとハイタッチで喜ぶ東北楽天の美馬(右から2人目)=コボパ宮城

 東北楽天が投打に圧倒し、約2カ月ぶりの3連勝。
二回にアマダーの左越えソロで先制すると、三回には中川の適時二塁打などで2点を加えた。その後も攻撃の手を緩めず、四〜六回に1点ずつを重ねて突き放した。先発美馬は緩急を生かした投球がさえ、完封で自身初の10勝目を挙げた。
 日本ハムは先発上原が四回途中4失点で5敗目。救援陣も踏ん張れなかった。

 東北楽天−日本ハム22回戦(東北楽天15勝7敗、18時、Koboパーク宮城、23,631人)
日本ハム000000000=0
東北楽天01211100×=6
(勝)美馬23試合10勝6敗
(敗)上原9試合1勝5敗
(本)アマダー20号(1)(上原)=2回、ウィーラー28号(1)(村田)=5回

☆イヌワシろっかーるーむ
<中川大志内野手(一回の守備で田中と激突しながら、2点目の適時打を放つ)>
 「痛かったけど頑張った。何とか一本出たので良かった」

<与田剛投手コーチ(美馬が完封)>
 「悪い球もあったが、すぐに立て直していた。投球時の体のバランスが良かったので、100球を超えた九回でも146キロの球速が出ていた」

<森山良二投手コーチ(美馬が誕生日の試合で10勝目に到達)>
 「完璧に近い投球内容だった。救援陣を休ませることができたので次戦につぎ込める。実は私の妻も今日が誕生日だった」

☆梨田の話ダ
<いい働きしてくれた>
 「今日は完封してもらい、他の投手を休ませることができた。これで明日あさってはリリーフ投手をつぎ込める。31歳の誕生日に、いい働きをしてくれた」(完封勝利の美馬をたたえ)


2017年09月20日水曜日


先頭に戻る