宮城のニュース

<秋季高校野球>仙台南と柴田準々決勝進出

仙台南―仙台城南 7回表仙台南2死三塁、桜井が先制の右前適時打を放つ=仙台市民

 第4日は20日、仙台市民、石巻市民の両球場で2回戦があり、仙台南と柴田が準々決勝進出を決めた。
 仙台南は0−0で迎えた七回、2死三塁で桜井が右前適時打を放って均衡を破った。八回は敵失から1点を追加。投げては左腕有馬が仙台城南打線を6安打完封した。
 柴田は二回無死三塁で清水川が中前に運んで1点を先制。四回も2本の三塁打と敵失で2点を追加。五回は二死満塁から2敵失で3点を加えて差を広げ、七回コールド勝ちした。柴崎は毎回の10奪三振で古川工を零封した。


▽2回戦

仙台南000000110=2
仙台城南000000000=0

古川工0000000=0
柴 田0102301x=7
(七回コールドゲーム)


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年09月20日水曜日


先頭に戻る