岩手のニュース

こども食堂交流促進 岩手連絡会設立へ準備会

こども食堂のネットワーク設立を目指して情報交換した準備会

 岩手県内のこども食堂運営者が交流を深め、食堂の普及を図る「つながるこども食堂いわてネットワーク」の設立準備会が、盛岡市の岩手県立県民生活センターであった。
 県内のこども食堂10団体などでつくる準備会の主催で、運営者や子ども食堂の開設希望者約40人が参加。各団体が活動内容を紹介し、ネットワーク設立に向けて情報交換した。
 参加者から「一人で子ども食堂を始めたいのだが、どこに相談すればいいか」「地域の人たちは子ども食堂をどう受け止めているか」「利用者をどのように絞っているか」といった質問が出され、団体代表者が回答した。
 準備会は、衛生管理や子どもへの対応を学ぶ研修会、意見交換を目的に、本年度中のネットワーク設立を予定。メンバーのNPO法人インクルいわて(盛岡市)の山屋理恵理事長は「団体同士で悩みや成功を共有し、困っている人を確実に支援できるようにしたい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年09月20日水曜日


先頭に戻る