宮城のニュース

珍味?美味? メダカの郷であすザリガニ試食会

高橋さんが捕らえたザリガニ

 大崎市田尻大貫のメダカの郷(さと)で23日午後1時から、アメリカザリガニの試食会が開かれる。郷を主宰する高橋孝憲さん(69)が近くの小川で捕った約400匹をゆで上げ、無料で振る舞う。
 ザリガニは体長10〜20センチほどで、捕らえた後に1週間ほど泥抜きをした。高橋さんは「味はエビにも劣らない。冬眠を控えて太り、最もおいしい季節」と話す。
 試食会は一昨年以来。田んぼのあぜに穴を開けるなどの被害をもたらすザリガニの駆除を兼ね、2006年から不定期に開いている。当日は、繁殖期を迎え、体を虹色に輝かせて泳ぐ淡水魚カネヒラも展示し、試食会参加者の目を楽しませるという。
 連絡先はメダカの郷0229(39)2857。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月22日金曜日


先頭に戻る