宮城のニュース

<ジャパンOP>小林・松友組 混合複2回戦進出

混合ダブルス1回戦 韓国ペアに競り勝った松友(右)、小林組

 バドミントンのジャパンOPは19日、東京体育館で開幕し、男子シングルスは昨年の全日本総合選手権を制した西本拳太(トナミ運輸)と五十嵐優(中大、鶴岡市出身)が予選を突破し、20日の1回戦へ進んだ。女子シングルスは鈴木温子(ヨネックス)が1回戦進出を決めた。
 混合ダブルス1回戦はリオデジャネイロ五輪代表の数野健太、栗原文音組(日本ユニシス)がドイツペアに2−0で快勝。小林優吾(トナミ運輸、福島・富岡高出)松友美佐紀(日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出)組も韓国ペアに2−1で競り勝ち、2回戦に進んだ。


2017年09月20日水曜日


先頭に戻る