宮城のニュース

<少林寺拳法>大技磨き世界一 東北学院大・成田選手

世界大会での優勝を励みに、蹴りの練習に励む成田選手=仙台市武道館

 米カリフォルニア州で7月末にあった少林寺拳法世界大会の女子単演級拳士の部で、東北学院大3年の成田祐佳選手(21)が優勝を飾った。大学入学後に競技を始めてから約2年半でつかんだ栄冠に「世界で通用する演武が披露できてうれしい」と喜ぶ。
 1級以下の選手が単独で演武の得点を競う同部には、各国の予選を勝ち抜いた6人が出場。演武は六つの技で構成され、成田選手は3回連続で蹴りを見せる高難度の「天地拳第5系」などをほぼ完璧に演じ、バランスを崩しやすい「足刀(そくとう)蹴り」も決めた。「先生や両親に恩返しできたことが何よりうれしかった」と振り返る。
 世界大会の予選を兼ねた昨年秋の全国大会(大分)で2位。得点が伸びない原因だった足刀蹴りの切れを磨くため、世界大会に向けて週6日の練習に励んだ。「できないことをそのままにするのが嫌な性格。試合でもミスしていたので、世界大会では何としても決めたかった」と話す。
 青森県平川市出身。弘前南高まではソフトボールに熱中し、東北学院大進学後、少林寺拳法部に入った。中学生の時から警察官になるのが夢で、競技が逮捕術に似ていることを知って転向。部活動に加え、仙台市青葉区の市武道館で定期的に開かれる練習会にも出向く。
 全国大会出場時はまだ3級だったが、現在は初段に昇格。「どんなに段位が上がっても基本の形が大事になる競技。技を磨き、(世界大会の)有段の部でも1位になりたい」と意気込む。
 市武道館で指導する阿部二三男・仙台中央道院長(66)は「誰よりも早く道場に来て練習し、みんなが休んでいる時も鏡に向かって技を確認している」と語り、今後の成長に期待を寄せる。


2017年09月22日金曜日


先頭に戻る