宮城のニュース

<楽天>アマダー22号2ラン 故郷メキシコ元気づけたい

7回東北楽天2死一塁、アマダーが中越えに逆転の本塁打を放つ=コボパ宮城

 東北楽天のアマダーが七回、一時逆転となる22号2ランを放った。梨田監督は「いいところで打ってくれた。勝ちに結び付かなくて残念」とねぎらった。
 1点を追う七回2死一塁からヘルメンの高めの直球を捉え、バックスクリーンへ運んだ。3戦連続弾で劣勢をはね返したものの、直後に岸が再逆転を許した。
 打つべき理由があった。この日は試合後、故郷メキシコで起きた地震の被災地への募金活動をチームで実施。予定時間を過ぎた後も、計30分間募金箱を持って協力を呼び掛けた。「たくさんの人が協力してくれて本当にうれしい。こういう機会をくれた球団と、一緒に参加してくれた同僚に感謝したい」と礼を言った。
 「メキシコ人選手として初の日本一になって、その姿をメキシコの人々に見せたい」。次はプレーで故郷を元気づける心積もりだ。


2017年09月22日金曜日


先頭に戻る