宮城のニュース

<郡仙台市長就任1カ月>「一議員とは違う責任の重さ感じる」

初の市議会本会議で所信を述べる郡市長=2017年9月11日、仙台市議会

 郡和子仙台市長は就任1カ月となった22日、報道各社の取材に「政治家としての思いは(国会議員時代と)変わらないが、(人口)108万の政令市長という一議員とは違う責任の重さを感じている」と語った。
 初の議会となる市議会9月定例会は、同日で一般質問が終了。答弁の独自色が薄いとの指摘に対し、郡氏は「市民協働など奥山恵美子前市長(の施策)と重なる部分もあるが、選挙公約も含め、一定程度は(自分の)思いを込められた」と強調。「(物事を)革命的にすぐに変えていくのは難しい」と理解を求めた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年09月23日土曜日


先頭に戻る