宮城のニュース

<東北道>高速バス運転手が心肺停止 乗客が運転代わり停車

 22日午後9時半ごろ、宮城県大崎市の東北自動車道下り線で、仙台市と大崎市を結ぶ高速路線バスの男性運転手が運転中に体調不良を訴え、乗客が運転を代わり路肩に停車させた。乗客二十数人にけがはなかった。地元消防によると、運転手は心肺停止状態で病院に搬送された。
 宮城県警高速隊によると、高速バスが急に減速し、運転手がうめき声を上げたため、前方に座っていた乗客数人が運転席に駆け寄り、サイドブレーキを引くなどして停車させた。乗客が「運転手の意識がない」と119番した。
 バスを運行する会社によると、運転手は46歳。出発前も健康状態に問題はなかったという。「状況を確認中」と話している。
 高速隊が状況を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月23日土曜日


先頭に戻る