広域のニュース

<規制委>更田委員長が就任「安全追求に終わりはない」

記者会見する原子力規制委の更田委員長=22日午後、東京都港区

 原子力規制委員会の委員長に22日に就任した更田(ふけた)豊志氏は同日の記者会見で「安全追求に終わりはないという初心を忘れず、リーダーシップを発揮していきたい」と抱負を語った。更田氏は、2012年の規制委発足時に委員となり、14年から委員長代理を務めた。同日の皇居での認証式を経て委員長に就任。初代委員長の田中俊一氏は任期満了に伴い退任した。
 更田氏を委員長代理から昇格させる政府人事案は、衆参両院の本会議で今年5月に可決され、正式に決まった。更田氏は東京電力福島第1原発事故の反省を踏まえ「田中氏の福島への強い思いと厳正な規制を行う方針は変えない」と述べ、これまでの路線を継承するとした。
 更田氏は、近く事実上の合格となる柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた審査で焦点となった東電の適格性の議論で中心的役割を担った。最終的に容認した理由について「事故の反省を忘れないのが条件で、それが守られる限りは原発を運転する資格がある」と説明した。
 また大阪大副学長を務めた山中伸介氏も同日付で規制委委員に就任した。記者会見で、これまでの研究を基に「原子力の安全に貢献していきたい」と話した。


関連ページ: 広域 社会

2017年09月23日土曜日


先頭に戻る