宮城のニュース

クマ出没で動物と触れ合うイベント中止 来場者の安全に配慮

 23日午前9時20分ごろ、宮城県富谷市明石下向田、県動物愛護センター北側の水田で体長約1.5メートルのクマが歩いているのを通行人が目撃し、110番した。
 センターは同日午前10時から、施設の広場で動物と触れ合うイベントを予定していたが、来場者の安全に配慮して中止した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月24日日曜日


先頭に戻る