宮城のニュース

<楽天>ソフトバンク戦連敗7で止める シーズン勝ち越し決定

6回楽天1死一、二塁、島内が中前に適時打を放つ=2017年9月23日、ヤフオクドーム

 東北楽天がソフトバンク戦の連敗を7で止め、優勝した2013年以来のシーズン勝ち越しを決めた。
 二回にウィーラーの左越えソロで先制し、六回には島内の適時打などで2点を加えた。先発塩見が六回に1点を失って降板した後は、青山ら5投手の継投で反撃をかわした。塩見は8月9日以来の3勝目を挙げ、松井裕は32セーブ目。
 ソフトバンクは2連敗。先発東浜は5回1失点ながら、打線の援護を得られず5敗目を喫した。

 ソフトバンク−東北楽天22回戦(ソフトバンク12勝10敗、18時、ヤフオクドーム、38,585人)
東北楽天  010002000=3
ソフトバンク000001000=1
(勝)塩見7試合3勝2敗
(S)松井裕49試合3勝1敗32S
(敗)東浜24試合16勝5敗
(本)ウィーラー29号(1)(東浜)=2回

☆イヌワシろっかーるーむ

<与田剛投手コーチ(六回から救援5投手を投入しての勝利に)>
 「展開次第でこの形は今後もある。続くようなら、もう一人くらい救援の頭数を増やしてもいい」

☆梨田の話ダ

<ちょっと遅過ぎる>
 「ちょっと遅過ぎる。もう少し早くできればよかった」(14試合を残して年間勝ち越しを決めた感想を聞かれて)


2017年09月24日日曜日


先頭に戻る