宮城のニュース

<仙台六大学野球>学院大と工大先勝

福祉大―学院大 2安打完封した学院大の鈴木遼

 仙台六大学野球第5節第1日の23日、仙台市の東北福祉大球場で福祉大−東北学院大、東北工大−宮城教育大の各1回戦があり、学院大と工大が先勝した。
 学院大は主戦鈴木遼がタイブレーク十回を2安打完封し、福祉大に1−0でサヨナラ勝ち。工大は三回に佐々木の右前適時打で奪った1点のリードを主戦佐藤洸が完封で守った。
 第2日の24日は同球場で宮教大−工大、学院大−福祉大の各2回戦がある。

◎鈴木遼2安打完封

 福祉大−学院大1回戦(学院大1勝)
福祉大0000000000=0
学院大0000000001x=1
(タイブレーク十回)
(勝)鈴木遼5試合5勝
(敗)鈴木4試合1敗

 【評】学院大が投手戦を制した。0−0の1死満塁で始まるタイブレーク十回、先頭の大沼が押し出し四球を選んで決勝点を奪った。鈴木遼は2安打完封の好投。福祉大は力投の投手陣を打線が援護できなかった。

<福祉大打線ねじ伏せる>
 学院大の主戦鈴木遼が福祉大の強力打線をねじ伏せた。最速148キロの直球にカットボールも織り交ぜて10奪三振で2安打完封。1死満塁から始まるタイブレーク十回も菊名ら強打者を抑え、サヨナラ勝ちにつなげた。福祉大から2季ぶりの白星に「思わず涙が込み上げてきた」としみじみ語った。
 東北大3回戦から中2日のマウンドだった。10季ぶりの優勝へ落とせない大一番に「主戦としての責任を果たす」と菅井監督に登板を直談判。疲れを感じさせない127球の力投で起用に応えた。「思い出に残る試合になった」と感慨深げ。王座奪還とプロ入りの夢に向かい、右腕は今後もフル回転をいとわない。

◎工大がリード守る

 工大−宮教大1回戦(工大1勝)
工 大001000000=1
宮教大000000000=0
(勝)佐藤洸4試合1勝3敗
(敗)佐藤4試合4敗

 【評】工大が最少リードを守った。佐藤洸は直球を主体に6安打完封。三回2死一、二塁から佐々木の右前適時打で奪った1点が決勝点となった。宮教大は七回2死満塁の好機を生かせなかったのが痛かった。

<工大・佐々木(三回に決勝打)>
 「狙っていた直球を引きつけて右前に運ぶことができた。今季初勝利につながり、ホッとしている。投手陣が踏ん張っているので、もっと打線のつながりを意識したい」


2017年09月24日日曜日


先頭に戻る