宮城のニュース

<ガマ・ロック>音楽と食、アートで塩釜を元気に 初登場の和田アキ子さん熱唱

音楽と食、アートを満喫した来場者

 東日本大震災で被災した宮城県塩釜市を元気づける音楽フェスティバル「GAMA ROCK(ガマ・ロック)」が23日、同市みなと公園で開かれた。約1500人が来場し、音楽と食、アートを楽しんだ。
 12組のアーティストが出演した。初登場の和田アキ子さんは「あの鐘を鳴らすのはあなた」などを熱唱。「私が一番来たかったフェス」「ずっと応援し続けます」と呼び掛け、会場から大きな拍手が沸いた。
 6回目の今回はステージをほぼ中央に置き、どの角度からも見られるようにした。主催した塩釜市出身の写真家平間至さんは「新しいガマ・ロックの形。来年以降も継続して開催していきたい」と意欲を語る。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年09月24日日曜日


先頭に戻る