宮城のニュース

<ピーチ>仙台−札幌線就航 きょう台北線も仙台空港拠点化

第1便の乗客を見送る井上CEO(左)ら
滑走路に向かうピーチの仙台−札幌線の第1便

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪)は24日、仙台−札幌線の運航を始めた。25日は台北線を就航させる。仙台空港を拠点化し、国内外の路線を拡大する方針で、井上慎一最高経営責任者(CEO)は「仙台発着の便を増やし、東北の潜在需要を開拓する」と強調した。
 仙台発札幌行きの第1便は、ほぼ満席の164人が搭乗。井上CEOらが見送る中、午前10時ごろに出発した。1日2往復で通常運賃は4290円から。
 空港内で記念の式典があり、仙台空港を運営する仙台国際空港(名取市)の岩井卓也社長は「ピーチは利用客の幅を広げてくれるエアラインだ」と歓迎した。
 同社の拠点空港は関西空港、那覇に続いて3カ所目。2013年4月から運航する仙台−関西線が同社便の中で搭乗率が最も高いことや東日本大震災からの復興支援に加え、昨年7月の仙台空港民営化も追い風になると判断した。
 井上CEOは「最大の特徴は低運賃。既存の利用客を奪うのではなく、飛行機に乗らなかった人の利用を増やしていく」と語った。
 仙台国際空港は今月、発着便や旅客数の増加を見据え、旅客搭乗棟の建設に着手。来秋に完成予定で、国内線の搭乗口は現在の6カ所から10カ所に増える。


関連ページ: 宮城 経済

2017年09月25日月曜日


先頭に戻る