宮城のニュース

<日本のこころ>代表代行に中野正志氏就任

 日本のこころの中山恭子代表と中野正志幹事長(参院比例)は25日、国会内で記者会見し、中山氏が離党し、中野氏が代表代行を務めると発表した。中山氏は小池百合子都知事が設立する新党「希望の党」に合流する。こころの国会議員は中野氏1人となる。
 中山氏は同日、離党届を提出し、議員総会で承認された。党規約に基づき中野氏が代表代行に就いた。こころは中野氏の下で存続するが、10月22日投開票となる衆院選後に政党要件を失う見通し。
 中野氏は今後の運営方針について「他党との合流や政治団体のまま引き続き自民党と統一会派を組むなど、いくつかの選択肢がある。党員らと相談しながら決めたい」と話した。


2017年09月26日火曜日


先頭に戻る