宮城のニュース

村井知事、同日選投票呼び掛け 宮城県選管「事前運動の恐れも」

 投開票日が10月22日の同日選となる見通しの衆院選と宮城県知事選を巡り、村井嘉浩知事が衆院選に立候補を予定する県選出の自民党衆院議員のパーティーに出席し、議員名と自身の名前を挙げて参加者に投票を呼び掛けていたことが26日、分かった。
 パーティーは25日に仙台市青葉区のホテルであり、閣僚や支援者ら約1000人が参加。村井氏はあいさつで、同日選を踏まえ「1枚目の投票用紙、よろしくお願いします」と言及。その後「最後の投票用紙は村井嘉浩とお願いします」とも話した。
 村井氏は取材に対し「支持者向けの会合であり、問題ない。この発言が問題なら、選挙に向けた活動はできなくなる」と述べた。
 県選管は「政党や後援会、支持者以外の人がその場にいるとすれば、そういう発言をした場合、事前運動に該当する恐れがある」との見方を示した。
 村井氏は7月の仙台市長選告示前に、支援した候補者への応援メッセージを動画投稿サイトで公開。市選管から事前運動に当たる可能性を指摘され、陳謝した経緯がある。


2017年09月27日水曜日


先頭に戻る