宮城のニュース

<JR東>ゼップ仙台跡地に暫定的施設 飲食店など11月開業

交流スペースと飲食店からなる商業施設が整備されるゼップ仙台跡地

 JR仙台駅東口にあったライブホール「Zepp Sendai(ゼップ仙台)」の跡地に、JR東日本が交流スペースと飲食店などの商業施設を整備することが26日、分かった。跡地の本格開発が決まるまでの暫定的な施設で、11月オープンを予定している。

 関係者によると、跡地を交流広場として整備し、居酒屋や焼き肉店など5店前後がプレハブなどで店を構える。仙台駅利用者らが立ち寄り、気軽に飲食を楽しめる空間を目指す。
 仙台駅東口では昨年3月、東西自由通路と駅ビル「エスパル仙台東館」が開業し、今年6月には「ホテルメトロポリタン仙台イースト」もオープン。さらに新たなスポットが加わり、東口の集客力と回遊性が一層高まりそうだ。
 JR東の仙台駅再開発計画は、ゼップ仙台跡地を残すだけとなっている。同社はオフィスビル建設を構想していたが、現時点で計画は固まっていない。空き地が続くことによる街並みの空白を解消するため、プレハブの飲食店などを暫定的に運営する方針を決めた。
 ゼップ仙台は2012年7月、仙台駅再開発のため閉館。跡地は駅ビルやホテル建設のための資材置き場などとして活用され、現在は空き地となっている。
 国土交通省が発表した7月1日現在の都道府県地価(基準地価)によると、仙台駅東口の仙台市宮城野区榴岡1丁目の地価上昇率は18.3%。相次ぐ商業施設の整備に加え市地下鉄東西線の開業も影響し、地価の上昇が続いている。


関連ページ: 宮城 経済

2017年09月27日水曜日


先頭に戻る