宮城のニュース

<マイナビ>GK鈴木がU−19代表入り

鈴木あぐり

 日本サッカー協会は26日、来年のU−20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねて10月に中国の南京で開催されるU−19女子アジア選手権の日本代表を発表し、GK鈴木あぐり(マイナビベガルタ仙台レディース)やMF長野風花(浦和)FW児野楓香(日体大フィールズ横浜)ら23人が選出された。
 東北関係では鈴木のほかに、DF高平美憂、FW遠藤純(ともにJFAアカデミー福島)GKスタンボー華(INAC神戸、JFAアカデミー福島出身)が代表入りした。
 大会は8カ国が参加し、上位3チームがU−20W杯出場権を得る。1次リーグB組の日本は10月16日にベトナム、19日にオーストラリア、22日に韓国と対戦する。池田太監督は「アグレッシブで、ポジティブなエネルギーを出せる選手を招集した。W杯出場権とアジアの頂点を目指して戦う」と抱負を語った。


2017年09月27日水曜日


先頭に戻る