宮城のニュース

チャンバラ合戦 鎧武者も参戦「重くて疲れる」

 ◇…武家屋敷が連なる登米市の観光地の一角で、秋祭りを盛り上げようとスポンジ製の刀を使ったチャンバラ合戦が開催された。
 ◇…NPO法人や地元の有志が主催し、観光客らが参加した。赤、青の二手に分かれ、敵が腕に付けたボールを刀でたたき落とすのがルール。相手に負けじと激しく動き回った。
 ◇…中には、自宅に飾っていた重さ約6キロのよろいかぶとを着けて参戦した人も。会場を沸かせたが、「重くて動きにくく疲れる。これを着けて戦った侍はタフですね」と息を切らしていた。(登米)


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月28日木曜日


先頭に戻る