宮城のニュース

利府町制50周年記念 フレーム切手、29日発売

利府の特産品などを題材にしたオリジナルフレーム切手

 利府町制施行50周年を記念し、町の特産品や観光地を題材にしたオリジナルフレーム切手が29日、同町をはじめ多賀城市、塩釜市など10市町村の58郵便局と、NPO法人利府町観光協会で発売される。
 ナシの実と花、松島湾に突き出た「馬の背」、桜の名所・館山公園からの遠望などと、観光キャラクター「リーフちゃん」をあしらった。82円切手10枚セットで、1シート1300円。1000シートを作った。
 企画した観光協会の菅原幹雄会長(56)は「初の記念切手で利府の観光地や特産をPRしたい」と言う。
 30日にイオンモール利府である「利府梨まつり」で100セットを販売。連絡先は観光協会022(356)3678。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月29日金曜日


先頭に戻る