岩手のニュース

一野辺製パンが破産手続き開始 負債8億円 従業員146人は同日付で解雇

 パン製造販売の一野辺製パン(岩手県一戸町)は27日、盛岡地裁から破産手続き開始決定を受けた。東京商工リサーチ盛岡支店によると、負債総額は約8億2000万円。従業員146人は同日付で解雇された。
 盛岡支店によると、同社は1948年創業。一戸町と八戸市に工場があり、岩手県北や青森県南を中心に事業拡大した。米飯や給食なども手掛け、ピークの95年ごろには年間売上高約41億円を計上した。
 その後、競合業者の進出やスーパー、コンビニエンスストア向け商品の価格競争が激化。2008年以降は数千万円単位の赤字決算が続き、17年2月期の売上高は12億2700万円まで落ち込んだ。


関連ページ: 岩手 経済

2017年09月28日木曜日


先頭に戻る