広域のニュース

<希望の党>野党・結集へ期待 与党・支持拡大警戒/東北政党反応

衆院選勝利を誓う小池代表(中央)ら=27日午前、東京都内のホテル

 「希望の党」が綱領を発表した27日、東北の与野党関係者は新党の先行きに神経をとがらせた。巨大与党を突き崩す新たな核か、安倍晋三首相の改憲志向に沿う補完勢力か。衆院選を目前に、党代表の小池百合子東京都知事が描く戦略に大きく揺さぶられている。
 新党は綱領で「寛容な改革保守政党」とうたった。民進党秋田県連の沼谷純代表は「民進党本来の立ち位置とそれほど変わらない」と方向性を分析した。
 永田町では民進と新党の合流を図る動きが急加速する。別の秋田県連幹部は「民進が与党批判の受け皿になっていなかったのが実情。希望の党を中心に野党がまとまるのであればいいことだ」と語った。
 自由党岩手県連の関根敏伸幹事長も「自公政権を了としない新たな政党の誕生を基本的に歓迎したい。衆院選に向け、さまざまな可能性がある」と新党との連携に期待感を示した。
 一方で野党共闘の行方を不安視する声も広がる。
 共産党宮城県委員会の中島康博委員長は「新党は改憲を主張し、保守色を前面に打ち出している。自公政権の補完勢力であり、共闘の対象には絶対になり得ない」と言い切った。
 民進山形県連の幹部は「仮に新党と合流した場合、共産との連携は難しくなる。陣立てに大きな影響が出る」と困惑した。
 「新党は自民批判票の受け皿となり、比例票も流れる」と読むのは社民党福島県連の紺野長人代表。「いずれ自民党と一心同体の一大改憲勢力になるのではないか」と身構えた。
 自民は保守票の食い合いを恐れ、警戒を強める。
 宮城県連の石川光次郎幹事長は「党の形が分からず、見えないお化けのような理念なき集団」と冷たい視線を向けつつ、都市部で支持を広げる可能性に言及。「東北で最も影響を受けるのは仙台。候補者が現れれば厳しい戦いになる」と険しい表情で語った。
 青森県連の森内之保留総務会長は「影響は少なからずあるが、自分たちの選挙をやっていく」と気を引き締めた。


2017年09月28日木曜日


先頭に戻る