宮城のニュース

<除染水増し請求>安藤ハザマの社員2人起訴

 東京電力福島第1原発事故の除染事業を巡り、領収書を改ざんし作業員の宿泊費をだまし取ったとして、東京地検特捜部は28日、詐欺罪でゼネコン安藤ハザマの東北支店(仙台市)の男性社員2人を在宅起訴した。
 2人は山下雄一被告(48)=仙台市=と茂呂吉司被告(50)=同=。関係者によると、起訴内容を認めているとみられる。
 起訴状では、安藤ハザマが田村市から受注した除染事業で2015年7〜8月、約4100万円水増しした宿泊費の領収書などを市に提出。水増し額を含む約7600万円を東北支店名義の預金口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。
 特捜部は、市の実質的な被害は約4100万円としたが、虚偽の書類に基づいて振り込まれた約7600万円全体が詐取額に当たると判断した。
 会社関係者によると、茂呂被告は千葉市の下請け会社に領収書の改ざんを指示し、山下被告は自治体との窓口役を務めていた。
 2人は安藤ハザマが委託した調査委員会に「下請けの一部が倒産して領収書を入手できなかったため、支払額との帳尻を合わせるために改ざんを指示した」などと説明していた。
 特捜部は今年6月、安藤ハザマの本社や下請け会社を家宅捜索。社員や自治体の担当者から事情聴取していた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月29日金曜日


先頭に戻る