岩手のニュース

<衆院選岩手>立候補予定者と情勢

[注]立候補予定者は9月28日現在の河北新報、共同通信調べ。調整中を含む。氏名は敬称略、本名の漢字書き。芸名やペンネームなどが通用している場合は通称名。年齢は29日現在の満年齢。名簿の並べ方は(1)衆院の各党勢力(2)前元新(3)五十音−の順。民進党が希望の党との合流を決定したため、民進党系の予定者は比例代表を含め全員無所属扱い。希望の党は、取材で同党からの立候補が確実な予定者。選挙区名に続き予定者数、前回2014年(14)、前々回2012年(12)当選者の党派名。予定者は氏名、年齢、肩書、党派、自民党派閥、前元新別、当選回数。比例代表との重複立候補を発表している党のみ重複予想者を「☆」で示した。区割り変更で定数減のあった県はその旨を表記。区割り変更により小選挙区数が減った県は変更前の選挙区の認定が困難なため、前回・前々回当選者の党派を表記せず「−」とした。

◎1区/高橋氏らが階氏に挑む

 5選を目指す民進系前議員の階猛に、前回、前々回と比例東北で復活した自民前議員の高橋比奈子、共産新人の吉田恭子が挑む。
 階は前回得票7万6700。党務に追われる本人に代わって地方議員が地盤固めを急ぐ。希望からの立候補が有力視される。
 前回得票4万6400の高橋は大票田の盛岡市で後援組織を拡大。吉田は党が全面支援する。

◎2区/鈴木氏、畑氏一騎打ち

 自民前議員で五輪相の鈴木俊一と民進系元議員の畑浩治の一騎打ち。5度目の対決は、区割り改定で旧3区から編入された沿岸南部7市町への浸透が焦点だ。
 通算9選を狙う鈴木は知名度で勝るが、入閣後は地元入りの回数が減少。代わって党市町村支部が支持拡大を図る。比例に転出する自民前議員の橋本英教から譲り受けた沿岸南部は、選挙態勢の立て直しが急務だ。
 前回鈴木に1万1000票差で敗れた畑は、民進、共産、社民、自由の野党統一候補。政界引退を表明した民進前議員の黄川田徹から気仙地区の地盤を引き継いで逆転を狙う。
 畑が希望から立候補する場合、共産は候補擁立を検討する。

◎3区/小沢氏が17選狙う

 17選を狙う前議員で自由代表の小沢一郎と自民前議員の藤原崇が争った旧4区の構図がそのまま持ち込まれる。去就が注目されていた民進前議員の黄川田徹は引退を表明した。
 小沢は政界での求心力の低下や支持層の高齢化で、09年の13万4000票をピークに得票を大幅に減らしている。2回連続で小沢に敗れ比例東北で復活した藤原は前回、小沢との票差を1万7000まで縮めた。
 中選挙区時代の小沢の地盤で、3区に編入された一関市と平泉町での攻防が勝敗の鍵を握る。
 共産は新人の擁立を検討しているが、取り下げる可能性もある。


2017年09月29日金曜日


先頭に戻る