広域のニュース

<衆院解散>戦いの構図激変 東北の前議員ら期待と警戒

衆院が解散され、万歳三唱する議員=2017年9月28日

 衆院が解散した28日、東北の前議員たちは刻一刻と変化する野党再編の動きをにらみながら、事実上の選挙戦に突入した。民進党など野党勢力は、同党の「希望の党」との合流を受け入れ、新たな枠組みで自民党と激突する決意を示した。野党が欠席した衆院本会議で「バンザイ」の声を響かせた自民、公明両党の前議員は、野党結集への急転を「野合」と批判した。
 民進の安住淳氏(宮城5区)は「民進だけでは政権交代選挙に持ち込める力がなかった。このインパクトを安倍1強政治を変えるチャンスにしたい」と合流を歓迎した。
 同党との関係を見直す方針の共産党との選挙協力についても「できるだけ進めたい」と意欲を示した。
 民進の総合選対本部長代行を務める玄葉光一郎氏(福島3区)は「安倍政権への不満の受け皿を作るための決断。局面打開を考える上での大英断だ」と解党決断を評価した。升田世喜男氏(比例東北)は「立候補は希望か無所属しか選択肢はない。支持者と相談して決める」と語った。
 岩手3区に立つ自由党の小沢一郎代表は野党結集を訴え続けてきた。「新たなリーダーを得て、結集して戦う。もともと政治感覚が抜群だったが、さらに大きくなった」と小池氏の勝負勘を持ち上げた。
 与党側は野党再編の動きを「選挙目当て」と批判しながらも、目まぐるしい情勢変化に警戒を強めた。
 自民の鈴木俊一五輪相(岩手2区)は「希望ははっきりした政策が見えず、野合批判は免れない。国民の理解を得るのは難しい」と指摘した。同党の吉野正芳復興相(福島5区)も「選挙区の戦いの構図は固まっていないが、最善を尽くして震災復興のさらなる加速を目指す」と強調した。
 公明の井上義久幹事長(比例東北)は「急ごしらえの政党に政権を担う覚悟があるのか大変疑問だ。希望は、選挙を勝ちたいという候補者の希望の集まりにすぎないのではないか」と皮肉った。


2017年09月29日金曜日


先頭に戻る