宮城のニュース

<衆院選宮城>秋葉氏結束呼び掛け 2区 県議会自民会派を訪問

 衆院選宮城2区の自民党現職秋葉賢也氏(55)が29日、県議会自民会派の控室を訪れ、あらためて結束をアピールした。秋葉氏は2区内支部の反発で党県連から公認申請されなかったが、28日に党本部から公認の決定を受けた。
 秋葉氏は「経済成長は着実に軌道に乗った」と与党の実績を主張。自民会派の佐藤光樹会長は「連携し、地域の声を国政に反映させてほしい」と応じた。
 秋葉氏は仙台市議会の自民会派には赴かなかった。泉区支部長の斎藤範夫市議は「党の決定には従うが、応援に濃淡が出るのはやむを得ない」と話した。


2017年09月30日土曜日


先頭に戻る