宮城のニュース

<せんくら>華やかに開幕 10会場87公演 あすまで

オープニングコンサートで演奏する長谷川さん(右)と青柳晋さん

 第12回仙台クラシックフェスティバル(せんくら、仙台市、河北新報社など主催)が29日、仙台市で開幕した。10月1日までの3日間、4施設の10会場で計87公演が行われる。
 青葉区の市青年文化センターであったオープニングコンサートは、バイオリン奏者の成田達輝さん、メゾソプラノ歌手の林美智子さん、チェロ奏者の長谷川陽子さんら6人のソリストが登場。せんくら12回連続出演となった長谷川さんはポッパーの「ハンガリー狂詩曲」などを取り上げ、多彩な音色を駆使し、躍動感あふれる演奏を披露した。
 青葉区の主婦徳増玲美奈さん(49)は「バラエティーに富んだ内容で、楽しく聴けた。開幕にふさわしい、華やかなコンサートだった」と話した。
 30日は6種類の楽器の奏者7人が集結する「貴公子たちのコンサート」など、注目の公演が多い。一部は残席がある。連絡先は、せんくら事務局022(727)1872。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月30日土曜日


先頭に戻る