宮城のニュース

<楽天>薄氷の完封リレー 6投手で前夜のリベンジ

9回、6番手で登板し、33セーブ目を挙げた東北楽天・松井裕

 3−0の九回、2死一塁で打席には前夜の試合でサヨナラ打を浴びた西川。東北楽天の松井裕は「やり返すチャンスだと思った」とリベンジに燃えていた。チームの守護神が気迫あふれる投球で空振り三振に仕留め、見事に鬱憤(うっぷん)を晴らした。
 綱渡りの継投だった。先発藤平が無失点ながらも制球が安定せず3回で降板。四〜八回は得点機に走者を背負う苦しい展開が続いたが、4投手が踏ん張って松井裕につなげた。
 五回に2番手青山が2死満塁のピンチを招くと、高梨がマウンドへ。「何とか粘れた」と代打近藤を一ゴロに打ち取り、続く六回も無失点。七回にもハーマンが2死満塁とされたが、今度は福山が火消しをし、続投した八回も要所で粘った。前夜の試合で八回に同点打を許した福山も「昨日はやられていたので松井に何とかつなげられて良かった」と安堵(あんど)した。
 5度の満塁で無得点と攻め切れず、プロ野球最多記録に並ぶ19残塁の日本ハムの拙攻に助けられたのも事実。梨田監督は「ゼロに抑えられたのは奇跡に近い」と驚いた様子で振り返った。レギュラーシーズンは残り10試合。2ゲーム差で追う2位西武の尻尾をつかむため、救援陣にはフル回転の働きが求められそうだ。(佐々木智也)


2017年09月30日土曜日


先頭に戻る