宮城のニュース

<楽天>青山が初勝利 松井裕が自己最多タイの33セーブ目

 東北楽天が零封勝ち。二回にアマダーの左越えソロで先制し、八回には茂木の中越え2ランで3−0。先発藤平は無失点ながらも5四死球と制球が乱れ、3回で降板。四回以降は5投手の継投でしのいだ。2番手青山が今季初勝利。九回を締めた松井裕が自己最多タイの33セーブ目。
 日本ハムは高卒新人の先発堀が5回1失点と踏ん張ったが、打線の援護がなく初黒星を喫した。

 日本ハム−東北楽天24回戦(東北楽天16勝8敗、18時、札幌ドーム、24,098人)
東北楽天010000020=3
日本ハム000000000=0
(勝)青山13試合1勝1敗
(S)松井裕51試合3勝2敗33S
(敗)堀4試合1敗
(本)アマダー23号(1)(堀)=2回、茂木17号(2)(井口)=8回

☆梨田の話ダ
<10万号を期待したが…>
 「八回の茂木の2ランが10万号だったら良かったのにね」(茂木の打席の前にオリックスのマレーロがプロ野球通算10万号の本塁打を打ったことに触れ)

☆イヌワシろっかーるーむ
<藤平尚真投手(制球に苦しみ、無失点ながら自己最短の3回で降板)>
 「初めて投げる球場で、思った以上にマウンドに対応できなかった。気持ちが切れそうな部分もあったけれど、何とか踏ん張ってゼロで抑えられたのは大きい」

<与田剛投手コーチ(四回からは5投手が無失点リレー)>
 「厳しい場面での登板も多かったが、選手たちがよく抑えてくれた」

<オコエ、体調不良で欠場>
 東北楽天のオコエ瑠偉外野手が29日の日本ハム24回戦(札幌ドーム)を体調不良のため欠場した。球団によると、同日中に仙台へ戻っており、30日のロッテ戦(コボパ宮城)の出場は当日の状態を見て判断する。


2017年09月30日土曜日


先頭に戻る