宮城のニュース

<宮城知事選>多々良氏が事務所開き

事務所開きで支援者と握手する多々良氏(右)

 任期満了に伴う知事選(5日告示、22日投開票)で、無所属新人の元団体役員多々良哲氏(58)=共産推薦=の支持母体「新しい県政をつくる宮城県民の会」は30日、仙台市青葉区春日町に事務所を開設した。告示後、多々良氏の選挙事務所となる。
 共産、社民両党の県議や仙台市議、支持者ら約200人が出席。同日選となる衆院選(10日公示)で宮城1、2区に立候補する予定の民進系無所属の2人も駆け付けた。
 多々良氏は「県民の声を聞き、対話しながら参加型の選挙をやりたい。一緒に県政を転換しよう」とあいさつ。県民の会の佐久間敬子代表は「力を結集し、何としてでも現在の県政にとどめを刺す」と述べた。


2017年10月01日日曜日


先頭に戻る