宮城のニュース

<えひめ国体>初の単独開催熱戦誓い合う 開会式に4400人

 第72回国民体育大会「2017愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」は30日、天皇、皇后両陛下をお迎えして松山市の愛媛県総合運動公園陸上競技場で総合開会式が行われ、開幕した。愛媛では四国4県合同開催だった1953年の第8回大会以来64年ぶりで、単独では初の国体となった。「君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え」をスローガンに10日まで実施される。(18.30面に関連記事)
 式典には約4400人の選手団、役員が参加。選手を代表して、愛媛県から出場する柔道成年男子で12年ロンドン五輪73キロ級銀メダルの中矢力(ALSOK)と陸上成年女子の伊藤愛里(住友電工)が「自分の力を信じて最後まで全力で競技することを誓います」と声を合わせて宣誓した。
 炬火(きょか)走者は72年ミュンヘン五輪競泳男子100メートル平泳ぎ金メダルの田口信教さんや04年アテネ五輪陸上女子マラソン5位の土佐礼子さんらが務めた。
 競技は卓球の少年男子1回戦などが行われた。

<旗手の早坂「ドキドキだった」>
 開会式で宮城県選手団の旗手を務めたのはボウリング成年男子の早坂(ジェイネックス)。「失敗しないかどうかドキドキだった」と大役を果たし、ほっとした表情を見せた。
 仙台商高1年の時に初めて国体に出場し、今年で9回目。高2で出た2001年の宮城国体で個人と団体で2位に入り、昨年は個人で7位に輝いた。今年は団体で入賞を狙っている。
 競技は会期前半の1〜5日に松山市で行われる。「国体はレーンのオイルの塗り方が特殊。難易度は高いが、上位に食い込んで県選手団に勢いをつけられるよう頑張る」と意気込む。


2017年10月01日日曜日


先頭に戻る