宮城のニュース

利府町町制50年 「自信と誇り持つ」 年表入り町勢要覧作成

利府町町制50周年記念式典であった表彰式

 利府町の町制50周年記念式典が1日、町総合体育館であり、町民ら500人が出席した。町政功労者らを表彰し、観光大使任命式があった。
 鈴木勝雄町長は「ここ10年は住民福祉に力を入れてきたが、東日本大震災が起きるなど歩みは平たんではなかった。次の半世紀へ自信と誇りの持てる町にしたい」と式辞を述べた。
 町議や教育委員、農業委員など地域に長年貢献してきた町民らを表彰した。町の観光大使第1号として町観光協会のキャラクター「リーフちゃん」を任命し、着ぐるみのお披露目もあった。
 町は50年の歩みを記した年表入りの町勢要覧・暮らしの便利帳も新たに作った。このほか8日午前9時から、町制施行50周年記念「十符の里−利府」フェスティバルが県総合運動公園の円形広場である。
 町は1967年10月1日に旧利府村が町制に移行し誕生した。当時の人口は1487世帯7879人。7月末現在は1万3168世帯3万6251人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年10月02日月曜日


先頭に戻る