宮城のニュース

<郡仙台市長>民進系1、2区候補を激励 「構図見えないが…」事務所開きであいさつ

 10日公示、22日投開票の衆院選で、郡和子仙台市長が1日、ともに民進系で宮城1、2区にそれぞれ立候補予定の新人岡本章子氏(53)と元議員鎌田さゆり氏(52)の事務所開きに顔を出し、激励した。
 泉区の鎌田氏の事務所開きで、郡氏は「(選挙構図が)どうなるのか全く見えない中、多くの皆さんに集まっていただいた。素晴らしい戦いをしてくださることを祈り、私からもお願いしたい」とあいさつ。青葉区の岡本氏の事務所では、岡本氏本人に「しっかり頑張って」と激励した。
 郡氏は取材に「(2人から)応援の要請があり、どういう構図になるか分からないが激励に訪れた」と説明した。
 民進党宮城1区総支部長だった郡氏は7月の市長選立候補に伴い離党。「市民党」を掲げた選挙戦で郡氏を支えた岡本、鎌田両氏から応援要請があれば応じる意向を示していた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月02日月曜日


先頭に戻る