宮城のニュース

<楽天>打線しぶとく つなぐ攻撃で2得点

【東北楽天2―5ロッテ】7回東北楽天1死三塁、藤田が勝ち越しの右犠飛を放つ=2017年10月1日、コボパ宮城

 東北楽天打線は犠打や犠飛を効果的に使うつながりのある攻撃で一、七回にしぶとく1点ずつを重ねた。
 一回は先頭岡島の左前打と藤田の犠打で1死二塁の好機をつくり、その後の2死一、三塁から銀次の右前適時打で先制した。1−1の七回は先頭足立が左前打と相手の捕球ミスで二進。岡島の犠打で1死三塁とすると、続く藤田の右犠飛で2−1と勝ち越した。
 藤田は「いい流れで攻めることができている」と得点した形にある程度納得しつつも、「残りの試合では早い段階でもっと多く得点して投手をもり立てたい」と反省も忘れなかった。


2017年10月02日月曜日


先頭に戻る