広域のニュース

<NPOの杜>SDGsって?

 2年前の9月、国連持続可能な開発サミットで「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を参加国全会一致で採択しました。17の目標と169のターゲットからなる行動計画「持続可能な開発目標」の総称が、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。
 横文字なので、身近に感じないかもしれませんが、これは、地域や社会の課題に、途上国だけではなく、日本も含め全ての国が取り組まなくては世界の課題を解決できない!という考えの下、全国連加盟国が対象となっています。
 目指すところは、「世界の貧困をなくす」と「持続可能な世界を実現する」。そのために「貧困をなくそう」や「全ての人に健康と福祉を」「質の高い教育をみんなに」など、17のゴールが設けられています。
 今、地域や社会の課題解決に取り組んでいるNPOにとって、目指すところは同じ。規模は小さくても日頃、取り組んでいる活動そのものです。
 詳しくは、幅広い市民社会のネットワークづくりと政府・国会などとの対話を促進しようと設立された「SDGs市民社会ネットワーク」のホームページをご覧ください。
http://www.sdgscampaign.net/
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 大久保朝江)


関連ページ: 広域 社会 NPOの杜

2017年10月02日月曜日


先頭に戻る