宮城のニュース

<衆院選宮城>1区の候補、希望と調整せず 維新幹事長

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は2日、仙台市中心部で党公認の立候補予定者と街頭演説し、衆院解散について「唐突だ。何のための解散なのか」と述べ、安倍政権を批判した。
 解散の理由とされた消費税の使途変更に関し、「税金の使い方を議論するのは議会の役目。直接、国民に問うのは非常におかしい。政治の原点が守られていない」と指摘。消費税増税の凍結を訴えた。
 維新と希望の党の競合が予想される宮城1区の候補者調整について、馬場氏は取材に「しない」と否定した。


2017年10月03日火曜日


先頭に戻る