宮城のニュース

<くりでん>運転してみない? 気動車体験 参加料はちょっぴり高め…でも「興味があったらぜひ」

運転体験が行われるディーゼル気動車「KD95」(宮城県栗原市提供)

 宮城県栗原市は動態保存している旧くりはら田園鉄道(2007年廃線)のディーゼル気動車「KD95」の運転体験を28日と11月18日に開催する。気動車の運転体験を行うのは県内で初めて。参加料は初回時3万円、2回目時は2万5000円とちょっぴり高めだが、市は「興味がある人はぜひ体験してほしい」とPRする。
 市企画課によると、約2時間の講習を受けた後、同鉄道の元運転士を講師に片道900メートル区間を15分程度で往復する。運転時は制服と帽子を着用してもらう。募集人員は1回当たり最大5人(2人以上の申し込みで実施)。参加資格は18歳以上(高校生を除く)。
 申し込みは市のホームページから申込書をダウンロードし、必要事項を記入して郵送またはメールで送る。申込期限は28日が11日、11月18日は同1日(いずれも必着)。連絡先は、くりはら田園鉄道公園0228(24)7961。


関連ページ: 宮城 社会

2017年10月03日火曜日


先頭に戻る