宮城のニュース

<衆院選宮城>仙台市議・伊藤氏 宮城1区候補に 希望の党から立候補

伊藤優太氏

 仙台市議の伊藤優太氏(32)=青葉区、1期=は3日、市内で記者会見し、衆院選宮城1区に希望の党から立候補すると表明した。2日、民進党県連に離党届を提出している。
 伊藤氏は「小池百合子代表が掲げる東京大改革、情報公開、行財政改革に共感した。私たちの世代、子どもたちに希望をつくり、黒塗りの政治を情報公開で変える」と述べた。
 伊藤氏は仙台市出身、国学院大卒。会社員、神奈川県座間市議を経て2015年の仙台市議選で初当選した。小池氏の政治塾「希望の塾」に参加。細野豪志元環境相らを通じて立候補を模索していた。
 宮城1区には自民党前議員土井亨氏(59)、共産党新人松井秀明氏(48)、日本維新の会新人畠山昌樹氏(43)、幸福実現党新人油井哲史氏(37)も立候補を表明。民進の公認候補だった新人で仙台市議の岡本章子氏(53)も立候補を検討している。


2017年10月04日水曜日


先頭に戻る