宮城のニュース

<楽天>美馬、踏ん張れず7敗目「気負いはなかったが…」

 東北楽天の先発美馬は2被弾を含む6回5失点と踏ん張れず7敗目。「気負いはなかったけれど、抜けた球をことごとく打たれた」とうなだれた。
 直球は球威十分だったが、要所で高めに浮いた。悔やまれるのは、味方が逆転した直後の三回。2死二塁で山川(富士大出)に対し、まず低めにずばっと決まるこの日最速の151キロの直球でストライク。2球目が高めに入り、右中間への逆転2ランとなった。「初球が良かったので、それ以上の球を投げようとしたら、逆に甘くなった。もったいなかった」と振り返る。
 シーズン中にもう一度登板する見込みで、その次はCSで再び西武と相まみえる。「今日何もできなかったので、やれることをしっかりやってCSに臨みたい」と雪辱を誓った。

西武戦に先発した楽天・美馬=メットライフドーム

2017年10月04日水曜日


先頭に戻る